mina perhonen/ミナペルホネン売るならブランド専門出張買取のFUKUFUKUへ

mina perhonen/ミナペルホネン売るならブランド専門出張買取のFUKUFUKUへ

mina perhonen(ミナペルホネン)の買取について

 

FUKUFUKUでも多数買取実績のあるミナペルホネン。

中古市場での需要も高く、ナチュラル系のお洋服の中でも比較的買取価格はお高めです。

 

その中でも特に買取価格が高いアイテムは、刺繍のもの、素材がシルクなど高級なもの、限定商品、

完売商品、雑誌掲載商品、などです。

 

また小物類やバッグなどもしっかりとお値段がつく印象ですね。

 

買取の流れはこちら

 

mina perhonen/ミナペルホネン買取実績

 

■身につける人をほわっと優しい印象で包み込んでくれる、 ナチュラル服ミナペルホネンヒストリー

 

 

1995 ファッションブランド「ミナ」設立。

1999 初のオリジナルチェア「giraffe chair」を発表。

2000 直営店を東京・白金台にオープン。

2002 初の個展「粒子」展を東京・スパイラルガーデンにて開催。

2003  ブランド名を「ミナ ペルホネン」とする。

        フリッツ・ハンセン社の家具に、ミナ ペルホネンの布を張り発表。

        オリジナルデザインによる家具「puu」を発表。

2004 日本に加えパリでも新作コレクションを発表し始める。

2005 オリジナルデザインによる家具「perhonen chair」を発表。

        デザイナー皆川 明が「毎日ファッション大賞」(毎日新聞社主催)
        大賞を受賞。

         デンマークのテキスタイルメーカー「Kvadrat(クヴァドラ)」より
         皆川 明デザインの生地が発表・発売される。

2007 京都に直営店をオープン。

         ホームランドリーで洗濯できるライン「ミナ ペルホネン ランドリー」スタート。

         オリジナルの陶磁ラインをスタート。

         直営店「ミナ ペルホネン アルキストット」を京都にオープン。

         青森県立美術館のユニフォームデザインを手がける。↓

 

     

  

    英国のテキスタイルメーカー「LIBERTY」2010秋冬コレクションにて
         皆川 明のデザインを発表。
     
         個展「ミナ ペルホネン — ファッション&デザイン」(オランダ)
     
         直営店「ミナ ペルホネン ピース,」を京都にオープン。
         続けて東京にも「アルキストット」「ピース,」をオープン。
     
         個展 「ミナ ペルホネン The future from the past 未来は過去から」(石川)
     
         個展 ミナ ペルホネン展覧会「進行中」(スパイラルガーデン、東京)

 


2011 アーカイブの服からレンタルのサービス「lentää」をスタート。

2012  東京スカイツリー®のユニフォームデザインを手がける。

         パリのフレグランスメゾン「diptyque」とのコラボレーションによる
         コフレとキャンドルを発表。

2013  長野・松本に直営店をオープン。

         フランスのバレエブランド「Repetto」とのコラボレーションシューズ
         を発表。

         スウェーデンのテキスタイルブランド「KLIPPAN」との
         コラボレーションをスタート。

2014  インテリアファブリック「dop」を発表。

         皆川 明の監修により、株式会社良品計画のプロジェクト「POOL」
         スタート。

         余り布や端材を用い、ものづくりの循環を促すコンセプトの波及に努める。

         金沢21世紀美術館のユニフォームをデザイン。↓

 

 

2015  神奈川・湘南T-SITEに「minä perhonen koti(コティ)」をオープン。

         個展 ミナ ペルホネン展覧会「1∞ ミナカケル」)(東京)

         個展 「1∞ ミナカケル―ミナ ペルホネンの今までとこれから」(長崎)

 

 

 

2016  デザイナー皆川 明が「2015毎日デザイン賞」(毎日新聞社主催)、
        「平成27年度(第66回)芸術選奨文部科学大臣新人賞」(文化庁主催)
         受賞。

         白金台店を移転し、新たに代官山店をオープン。

         ミラノサローネ国際家具見本市(Salone del Mobile.Milano)にて、
          Kvadrat(クヴァドラ)より皆川 明の新作テキスタイル
         インスタレーション「FOREST COMES HOME.」を発表。

         東京にカフェを併設する新コンセプトショップ「call(コール)」を
         オープン。

2017 金沢に直営店をオープン。

         東京・代官山にテキスタイルを中心としたインテリアに重点を置いた
         ショップ「minä perhonen materiaali(マテリアリ)」をオープン。

         ミラノサローネにて、イタリアの陶磁器ブランド「Richard Ginori
        (リチャード ジノリ)」より、皆川 明デザインのテーブルウエア
         コレクションが発表される。

■ミナペルホネンのこだわりが知りたい!

 

ミナペルホネンHPより


『オリジナルの図案によるファブリックを作るところから服作りを進める。国内外の生地産地と連携し、素材開発や技術開発にも精力的に取り組む。

ブランド名は、デザイナーがスカンジナビアへの旅を重ねる中で、そのライフスタイルやカルチャーに共鳴するというフィンランドの言葉から取った。

「minä」は「私」、「perhonen」は「ちょうちょ」を意味する言葉。蝶の美しい羽のような図案を軽やかに作っていきたいという願いを込めている。

ブランドロゴは、「私(四角)の中のさまざまな個性(粒の集合)」を表す。蝶の種類が数え切れないほどあるように、デザイナーの生み出すデザインもまた、増え続ける。』

最大の特徴は皆川氏の感性から作り出されるテキスタイル(生地)です。

社会への考察や自然への詩情から図案を描き、織りやプリント、刺繍などのテキスタイルをオリジナルにデザインしています。

自然をモチーフとしたどこかストーリーを感じさせるそのテキスタイルは多くのファンを魅了。
代表作にはミニバッグ(mini bag)やエッグバッグ(egg bag)が挙げられます。
特にブランド設立当初から作り続けているミニバッグはこれまでに900種類以上も作られているほど。
このミニバッグには、洋服を裁断する際にでる余り生地を最後まで大切に使いたいという皆川氏の思いも込められているそうです。
その思いを象徴するようにミナペルホネンの店頭では洋服やバッグの生地を裁断する際に出るハギレ(ミナペルホネンではこれを“ピース”と呼びます)が販売されており、その売り上げは全額寄付されているんだそう。

またバッグと同様に洋服やアクセサリー類も人気が高く、毎シーズン設けるテーマに沿って生み出されるテキスタイルを使用したアイテムは、非常に多くの人気を有しています。
また、一から作った生地を使用した子供服やベビー服も人気のアイテムです。
様々なブランドとコラボレーションすることも増え、「ほぼ日手帳」、「マルニ木工」、「クリッパン」といったブランドとのコラボレーションが多いに人気を博してきました。

■デザイナー皆川明という男。

 

1967年東京生まれ。1995年に自身のファッションブランド「minä(2003年よりminä perhonen)」を設立。時の経過により色あせることのないデザインを目指し、想像を込めたオリジナルデザインの生地による服作りを進めながら、インテリアファブリックや家具、陶磁器など暮らしに寄り添うデザインへと活動を広げている。また、デンマークKvadrat、スウェーデンKLIPPANなどのテキスタイルブランドへのデザイン提供や、朝日新聞や日本経済新聞の挿画なども手掛ける。(HPより)

 

■各地で個展も開催

 

2002 「粒子 exhibition of minä's works」、スパイラルガーデン、東京

2003 「minäのテキスタイルワールド」、文化服装学院内リソースセンター、東京

2004 「imperfect」、名古屋芸術大学アート&デザインセンター、愛知

2005 「オモテウラ」、宇都宮美術館プロムナードギャラリー、栃木

2006 「派生するデザイン」、大阪成蹊大学ギャラリーB、京都

2008 「TODAY'S ARCHIVES」、国立新美術館 SFTギャラリー、東京

2009 「ミナ ペルホネン—ファッション&デザイン」、Audax Textielmuseum Tilburg、ティルブルグ、オランダ

2010 「ミナ ペルホネン The future from the past 未来は過去から」石川
          ミナ ペルホネン展覧会「進行中」、スパイラルガーデン、東京

2012 「私たちと私 ~minä perhonenの仕事。~」 青森県立美術館、青森
         「進行中」巡回展「minä perhonen 1995→」福岡

2013 「はねのはなし」 ヒルサイドフォーラム、東京
          ミナ ペルホネン展覧会「1∞ ミナカケル」 スパイラルガーデン、東京
         「1∞ ミナカケル -ミナ ペルホネンの今までとこれから」長崎

 

■個展の他にも、展示会に参加

 

2001     「CONTINUOUS CONNECTION Part-1」、国際デザインコンテスト

         第4回デザイン21、フェリシモ デザイン ハウス、ニューヨーク

2003     「ROPPONGI CROSSING」、森美術館、東京

2007    *「Chocolate」、21_21 DESIGN SIGHT、東京

         *「THIS PLAY!」、21_21 DESIGN SIGHT、東京

2009    「Second Nature Danish-Japanese design exhibition」、

         Rundetaarn、コペンハーゲン、デンマーク

2010    「Future Beauty 30 Years of Japanese Fashion」、
         barbican artgallery、ロンドン、英国

2011    「感じる服 考える服:東京ファッションの現在形」 東京

2012   「Future Beauty 日本ファッションの未来性」東京

2015    *「21_21 DESIGN SIGHT企画展 単位展」東京

        (*は皆川 明としての出展)

 

 

■担当した衣装の数々

 

2004    ダンス公演「wonder girl(ワンダーガール)」
           皆川 明が衣装を担当、空間構成と演出に参加。東京

2005    「Ando Yoko Project, feel & connect(フィール&コネクト)」の
           衣装を担当。

2006    ダンス公演「Moire(モアレ)」 皆川 明が衣装とビジュアルコンセプトを担当。

           「Ando Yoko Project, feel & connect(フィール&コネクト)」の衣装を担当。

2011    シンガーソングライター 二階堂和美「にじみ」全国ツアーの衣装を担当。

2015    マームとジプシー「書を捨てよ町へ出よう」の衣裳を担当。東京芸術劇場

 

 

■本も読んでみませんか?

 

「ミナを着て旅に出よう」、松浦弥太郎監修、DAI-X出版、2003年

「皆川明の旅のかけら」、文化出版局、2003年

粒子展実行委員会「粒子-Particle of minä perhonen」、2003年(普及版 2005年)

「ミナ ペルホネンの織り」、文化出版局、2005年(絶版)

「ミナ ペルホネンの刺繍」、文化出版局、2005年(絶版)

「ミナ ペルホネンのプリント」、文化出版局、2005年(絶版)

「ミナ ペルホネン?」、ビー・エヌ・エヌ新社、2011年(特装版、通常版共に)

 

■ファッション誌や新聞での連載も担当

 

『装苑』(文化出版局)

       「皆川 明の旅のかけら」(2001年1月号〜2002年12月号)

       「皆川 明の時のかさなり」(2003年1月号〜2007年12月号)

       「minä perhonenのえことば」(2008年2月号〜2009年12月号)

       「旅するミナ ペルホネン」(2009年1月号〜2010年12月号)

       「皆川 明のことばのポートレート」(2011年3月号〜継続中)

『SPUR』(集英社)

       「五感のスケッチ」(2003年3月号〜2004年3月号)

『ミセス』(文化出版局)

       「夢をかたちに」(2007年1月号〜2009年12月号)

朝日新聞 夕刊「デザインの接点」(2010年4月〜2011年3月、月1回の連載)

『casa BRUTUS』(マガジンハウス)

       「今日のまかない」(2012年1月号~)

 

 

■た~~くさんのテキスタイルを発表!どれをとってみても心地よさを感じます。

 

ミナペルホネンはブランド設立から20年以上がたち、数多くのテキスタイルを発表しています。
ほんの一例ですが、こちらでご紹介させていただきます。

 

 

nanten  1996-97 a/w

 

「まだまだ柄づくりに慣れていないころで、柄を組み込むのに苦労したのを覚えている。その分、愛着のあるモチーフになった。」

 

 

yuki-no-hi  1999-2000 a/w

 

「電柱の続く街並みに、雪が降っている。冬のワンシーンを刺繍で。東京・阿佐ヶ谷のアトリエから自宅への帰り道、歩きながら電柱を見たときの風景。」

 

 

tambourine  2000-01 a/w

 

「小さなドットが集まって輪になっている。タンバリンと名付けられたこの柄は、その後、ミナ ペルホネンのスタンダード柄となった。」

 

choucho  2001 s/s

 

「軽やかに舞うちょうちょ。周辺の空気感も表現したかった。」

 

jellybeans  2002 s/s

 

「鉛筆で描いたたくさんの楕円に、光のような色を水彩でつけた。largesmall2種類がある。」

 

minä perhonen tartan  2003-04 a/w

 

1897年に設立されたスコットランドのロキャロン社は、伝統あるタータンのほとんどを生産している。ミナ ペルホネンのオリジナルタータンもここに依頼した。大きな空を舞う蝶をテーマに5色で構成。夜空をイメージしたネイビー、朝方の空の色、霧のようなグレーがかった水色、雲の白、そして蝶に黄色。スコットランド・タータン・オーソリティで正式に登録した。」

 

smile  2005 s/s

 

「このシーズンの最初に描いた。どんなことでも、笑顔からはじめることがとても大切。」

 

kakurenbo  2008 s/s

 

galileo  2009 s/s

 

flower, bird, me  2009-10 a/w

 

chiyo  2015 s/s

 

flowerscope  2017-18 a/w

 

■ミナペルホネンの過去に発表されたシーズンごとのテキスタイル一覧

 

2017-18 a/w  collection

    flowerscope
    financier
    jardin
    spica
    pastoral
    moorii
    petal flame
    candle
    coda
    snowflake

2017 s/s  collection

    sand flower
    someday
    jelly flower
    pirouette
    senko-hanabi
    hope
    wind basket
    skum
    motion
    perhonen puzzle

2016-17 a/w  collection

    wolf & flower
    ladder
    winter lake
    giardino
    mountain roof
    frost columns
    forest ring

2016 s/s  collection

    light net
    pallo
    carnival tree
    forest dot
    land theater
    yamanami

2015-16 a/w  collection

    marguerite
    slow dance
    pot-au-feu
    sora check
    Rosas
    flow
    flower diamond
    stick tree
    quartet

2015 s/s  collection

    cross bird
    bow
    chiyo
    ray
    hana tricot
    bottle
    montagne
    sunny yarn
    good luck

2014-15 a/w  collection

    roll rose
    sound
    thoroughbred
    piazza
    frost garden
    light stick
    lolo
    hana yuki

2014 s/s  collection

    cactus
    plover
    sand rose
    pesce
    bobbin
    coral
    sky quilt
    jelly
    meri

2013-14 a/w  collection

    caravan
    waterfall
    frutta
    hana no mi
    flower basket
    Hanna
    peacock
    pop rain
    snow candle

2013 s/s  collection

    swing
    friend
    skyful
    mingling
    kemuri
    pomme
    brick
    merci
    ribbon

2012-13 a/w  collection

    forest tile
    millefiori
    landscape
    sky flower
    go!
    matryoshka
    hana hane
    winter jelly
    imagine

2012 s/s  collection

    look
    twins
    letter of flower
    hutte
    tepee
    morning garden
    lodge
    metsa

2011-12 a/w  collection

    alive
    kaleidoscope
    viola
    musica
    run run run
    prism
    sugar

2011 s/s  collection

    multi stripe
    wood bird
    herbarium
    pradais
    star trip
    wind dance
    day dream
    sometimes lucky
    famille

2010-11 a/w  collection

    celebrate
    chum
    path
    scent
    sonata
    turn around
    unforgettable moment for Liberty

2010 s/s  collection

    before
    cube
    dear
    pop corn
    tour
    wander

2009-10 a/w  collection

    bloom
    fir tree
    flower, bird, me
    glimmer
    Lulu
    skip

2009 s/s  collection

    10,000 feet
    cats&dogs
    floccus
    frame
    galileo
    Mrs.cloud

2008-09 a/w  collection

    jungle relief
    moon bear
    shadow snow
    stream
    trickle

2008 s/s  collection

    forest wing
    hanaco
    happy camouflage
    jag
    kakurenbo
    mingle

2007-08 a/w  collection

    tarte
    wind mill
    ballade
    flower nest
    ceremony
    fogland
    goutte

2007 s/s  collection

    papillon
    universe
    necco
    rain chukka
    petal

2006-07 a/w  collection

    flower bed
    swan
    ripples
    Swan Lake
    ribbon

2006 s/s  collection

    oasis
    neighborhood

2005-06 a/w  collection

    cloudy flower
    wind flower
    ring flower
    joy

2005 s/s  collection

    multistripe
    nicott
    garden
    puu
    people
    smile
    forest parade

2004-05 a/w  collection

    festival
    forest gate
    licorice
    happa (mixed color)
    snowberry

2004 s/s  collection

    multistripe
    poem
    nap
    Fujisans
    sticky
    wondergirl
    papaver

2003-04 a/w  collection

    twig
    mina perhonen tartan
    nanahoshi
    surplus
    wataridori
    carnival

2003 s/s  collection

    multistripe
    zoo
    triathlon
    flags

2002-03 a/w  collection

    multistripe
    flowerdrops
    pacific

2002 s/s  collection

    Tama
    jellybeans
    honeycomb

2001-02 a/w  collection

    roof
    multistripe
    sunnyrain
    angel

2001 s/s  collection

    balloon
    soda water
    mori-no-umi
    tanpopo
    match
    flying bird
    choucho
    lake
    ringo

2000-01 a/w  collection

    dot stripe
    herringbone
    travel
    tori-to-hana
    tambourine

2000 s/s  collection

    bird
    mermaid

1999-2000 a/w  collection

    tile
    happa
    yuki-no-hi

1999 s/s  collection

    shell
    wave

1998-99 a/w  collection

    forest

1998 s/s  collection

    usagi

1996-97 a/w  collection

    nanten

お一人お一人
さまざまな事情で使わなくなった思い出の詰まったお品は
ブランド買取の「FUKUFUKU」が誠心誠意、丁寧に査定し、「次に必要とする方」へ橋渡しをさせていただきます。

まずは手元に商品をご準備の上「いくらぐらいで買い取れそう?」とお気軽にご相談ください。


fukufukuには出張買取宅配買取持込買取3つの買取方法がございます・・・

いずれの場合も事前にしっかり買取金額をお調べいたしますので、安心してお取引いただけます。

皆様の大切な思い出の一つ一つ。どうぞfukufukuにお任せください。

福岡出張買取
買取の流れ(宅配)
買取の流れ(持込)



                 アパレルブランド買取「FUKUFUKU」HOME