MONCLER/モンクレール買取ならブランド専門買取のFUKUFUKUへご依頼下さい

【MONCLER/モンクレール】

 

毎年寒くなると街中でみかけるMONCLER/モンクレール。皆様このロゴは一度は見た事があるのではないでしょうか?もう説明不要かとは思いますがモンクレールの歴史について書いていきたいと思います。

 

 

1952年フランスの郊外でレネ・ラミヨンとアンドレ・バンサンの2人が創業しました。当時はアルピニストの要望に応えるためにテントやシュラフ(寝袋)、ウェアなど本格的なアウトドア用品の研究を続け、1954年イタリア・カラコラム登頂隊、1955年フランス・マカル登頂隊、1964年アメリカ・アラスカ遠征隊などの装備に採用されました。

 

また1968年のグルノーブルオリンピックでフランス・ナショナルチームの公式ウェアに採用され、そのカラフルな配色、スタイリッシュなデザインが世界中で評価され注目を浴びました。このオリンピックの開催から新ボールマークとして国鳥(オンドリ)が使用されるようになったといわれています。

 

1980年代になると世界中のセレクトショップにMONCLER/モンクレールのアイテムが置かれるようになり、様々なブランドとも積極的にコラボ等を行い、その後はモンクレールというブランドは大きく飛躍しています。

 

モンクレールのダウンジャケットの誕生秘話ですが、当時工場で働いている人の防寒着として、今では知らない人はいないといっても過言ではない、「ダウンジャケット」の原型が誕生しました。このダウンジャケットはシュラフ(寝袋)がヒントとなったといわれています。

 

AFNOR(フランス規格協会)から「4Flcorons(キャトル・フロコン)」が与えられており、グースの産毛を使用し、各部位ごとにあわせて1g単位で決められ、職人によって生産されていくため、大量生産ができない製品という特徴があります。また、品質や機能性のみでなく、ダウンジャケットでありながら身体のラインが綺麗に見えるデザインが特徴的です。

 

近年ではポロシャツなど、ダウンジャケット以外の幅広い商品展開も精力的に見せていて、毎年注目を集めています。

 

ダウンジャケットの王様のモンクレール。当店フクフクでは買取を強化しています。モンクレールをお売りになりたいと考えている皆様、宅配買取は全国対応、また福岡市内を中心に出張買取を行っています。どうぞお気軽に当店へお問い合わせくださいませ。

 

かんたんLINE査定

fukufuku-blogの画像
blog