コーチ(COACH)の買取ならブランド専門買取のフクフクへ

コーチ(COACH)の買取ならブランド専門出張買取のFUKUFUKUへ

バッグを中心に世界中で愛されるCOACH(コーチ)。老若男女問わず幅広い世代から支持されているアメリカ発祥のファッションブランドです。

 

若い世代の方でもお父さんやお母さんがこのブランドのバッグや財布を持っていた。そういう声もたくさんきかれます。それぐらいこのCOACH(コーチ)というブランドは我々の日常に溶け込んで、生活の一部となっています。

 

 

この世界的ブランドの歴史ですが、1941年にアメリカのニューヨークでマイルズ・カーンとリリアン・カーンの夫妻によって設立されました。当時はレザーアイテムを中心に家族経営を行い、現在では考えられないぐらい小さな規模で運営をしていました。この時の社名は「コーチ」ではなく「ゲイル」という社名でした。

 

 腕の良い職人たちの丁寧な仕事が注目を集め、少しづつ高い評価を得ることとなります。ある日、夫であるマイルズ・カーンは野球を観ていながら、この野球グローブのような頑丈でなおかつ美しいレザーをなんとか作れないかと考えました。この野球観戦が後のオリジナルレザー開発のきっかけになったといわれています。

 

そして1958年に「グラブタンレザー」が完成します。マイルズ・カーンがあの時に野球を観ていなかったらこのレザーは完成したのかどうか、、、、考えると非常に面白くありますね。

 

その後1962年には映画の「王様と私」の衣装をつとめた Bonnie Cashin(ボニー・カシン)をデザイナーとして登用し、「カシン・キャリー」と呼ばれるバッグを発表しました。このバッグは買い物袋からインスピレーションを受け、外側に小銭入れをつけて、また丈夫な持ち手が特徴的なバッグです。この「カシン・キャリー」は大ヒットし、その後2015年にはトートバッグとして復刻することとなりました。

 

 

またこの頃に社名を「ゲイル」から「コーチ」に変更をし、精力的に再作活動を行いました。

 

1973年にはLaunch of the Duffle Sac(ダッフルサック)というグラブタンレザーを使用したバッグを発表しました。こちらのバッグは若者に大ヒットします。このバッグの特徴としてはやはり「斜め掛けできる」というスポーティなところで、COACH(コーチ)というブランドはますます注目される事となります。

 

 

 

また新しい事にも挑戦を忘れてはいません。「ターンロック」や犬の首輪をつなげる為の「ドッグリーシュ」と呼ばれるものをレディースバッグとして初めて採用し、革新的で斬新なアイデアを取り入れることにより、どんどん人気が高まっていきます。

 

そして1981年にニューヨークのマディソン64街に念願の直営店をオープンし、クリスマスなどのイベント時には行列ができるほど人気店となります。その後1985年に世界最大手のアパレルメーカーの「Sara Lee Corporation」サラ・リー・コーポレーションの傘下となりアメリカ国内だけでなく、世界をターゲットとしたグローバルなファッションブランドとして成長を遂げました。

 

 

日本では1988年に横浜に初進出し、日本国内でも高い評価を受けることとなります。その後は東京の銀座や渋谷、六本木ヒルズなど精力的に展開していき、現在では多くの店舗でコーチを見かける事が出来ます。少し目を凝らすと町中COACH(コーチ)で溢れているのが実感でき、今後も大注目のブランドです。

 

 

当店フクフクではCOACH(コーチ)の買取を行っております。長年愛用してき、もう使用する予定のないバッグなどがございましたら一度当店に査定のご依頼を宜しくお願い致します。

 

お一人お一人
さまざまな事情で使わなくなった思い出の詰まったお品は
ブランド買取の「FUKUFUKU」が誠心誠意、丁寧に査定し、「次に必要とする方」へ橋渡しをさせていただきます。

まずは手元に商品をご準備の上「いくらぐらいで買い取れそう?」とお気軽にご相談ください。

℡092-985-5462


fukufukuには出張買取宅配買取持込買取3つの買取方法がございます・・・

いずれの場合も事前にしっかり買取金額をお調べいたしますので、安心してお取引いただけます。

皆様の大切な思い出の一つ一つ。どうぞfukufukuにお任せください。

福岡出張買取
買取の流れ(宅配)
買取の流れ(持込)

かんたんLINE査定

LINE査定の画像
fukufuku-blogの画像
blog